サイトマップ

主婦がお金を借りるならここ

お金のトラブルというのはいつ誰にでも起こりえます。カードローン利用者は男性が7割と言われていますが、裏を返せば女性でも3割も利用者がいるのが現状です。女性といっても家庭を持っている主婦、未婚のOL、パート、無職の専業主婦などいますが、カードローンを利用する女性はOLだけではありません。

 

特に主婦の場合、収入がない、または少ないのでカードローンは組めないのではと考えている人は多いです。しかし、主婦であってもカードローンの申込みは可能です。

 

 

消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンの場合、安定した収入があるというのが申込み条件となります。安定した収入を平たく言えば、お給料をもらっているかどうかです。OLなどは全く問題がないですが、消費者金融の場合、パートやアルバイトであっても申込みは可能です。

 

消費者金融ではフルタイムではないとダメというわけでもなく、主婦だからダメという制約もありません。日中の空いた時間にパートで働いている程度の収入でも、安定した収入があると見なされます。

 

消費者金融の良い所は、パートの主婦でも柔軟に対応してくれる所にあります。ただし、収入のない専業主婦の場合、消費者金融であっても、申込みを断られてしまいます。消費者金融には総量規制という法律が適用されています。年収の1/3を超える金額の借入れはできないので、主婦に限らず、無職の場合には借入れができないのです。

 

銀行系のカードローン

銀行系のカードローンは、消費者金融と比べて審査が厳しいと言われています。それが理由で主婦は申込んでも断られると思っている人もいます。確かに銀行系カードローンの審査は厳しく、審査通過率も消費者金融と比べると低い傾向にあります。

 

しかし、銀行は総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える金額であってもカードローンの申込みが可能です。自分自身に収入のない専業主婦でも、銀行によっては融資を受けられる可能性があります。専業主婦でもOKな銀行と、専業主婦NGな銀行があり、銀行によって対応は全く変わってきます。

 

どちらにせよ、専業主婦がお金を借りたいのであれば消費者金融はNGなので、銀行系のカードローンで探すべきです。

 

専業主婦でも借入れ可能なカードローンには2つの特徴があります。1つ目として、配偶者に安定した収入が求められます。カードローンの契約では、基本的に返済能力がない人は申込んでも断られてしまいます。それでも専業主婦がカードローンを契約できるのは、配偶者の収入から返済が見込めるからです。

 

配偶者がいないなどの場合には、専業主婦OKの銀行系カードローンでも申込みは難しいでしょう。配偶者に安定した収入があれば地方銀行の千葉銀行カードローンの主婦借り入れも可能となるため、借り入れ先の選択幅が広がります。

 

もう1つの特徴が、借入限度額です。自分自身に収入のない専業主婦の場合、配偶者に収入があったとしても、多額の借入れはできません。最高限度額30万円以内の所がほとんどです。そのため、専業主婦が多額の借入れをするのは困難です。

 

しかしこれはパート収入の主婦でも同じで、収入が多いフルタイムなどでなければ、どちらにせよ多額の借入れは難しいです。

 

消費者金融か銀行か

主婦がカードローンを申込む時には、専業主婦かそうでないかで申込み先が変わります。専業主婦の場合には銀行系カードローンを選択するのが正解です。

 

自分自身に収入がある場合には、銀行も消費者金融も選べます。銀行の方が金利は低いのですが、パートやアルバイト収入であれば、消費者金融がおすすめです。自分自身の収入が少ない場合には、金利よりも審査の通りやすさを重視した方がよいでしょう。

 

OLなど、フルタイムで働いているのであれば、銀行系のカードローンを選んでもいいかもしれません。

 

パートやアルバイトの女性の方は、銀行カードローンの審査通過が難しい側面があるため、大手消費者金融の安心して借りられるカードローンキャッシングを選ぶのが無難です。プロミスなどであれば女性用のレディースキャッシングの用意もあるため、初めての方でも安心です。

 

土日でも当日中に契約を済ませて借り入れを行うこともできるので、急な出費でお金に困ったときには浦安市のプロミス契約を考えてみるのも良いでしょう。